お金 借りる

「最初は5万円でした」

「最初は5万円でした」

 

自己破産と聞くととんでもない金額の借金を抱え、もうどうにもならない状況の人がおこなう行為だと思っていることでしょう。自分自身も同じでした。確かに自己破産した際の借金額は100万円を超えておりましたので大きな金額なのですが、そもそもは5万円の借金から始まったことなのです。当時は自己破産を自分がするなど思いもよりませんでした。当日の自分は大学を卒業したものの就職先が見つからない状況にあり、バイトをしながら実家で暮らしていました。

 

就職先を探すという目的があったのでバイトに連日入れる月もあれば、週に2日程度しか入れない月もあり、収入はまちまちでした。実家で暮らしていたおかげで家賃は必要ありませんでしたが、食費として月に2万円入れる必要があった上、友人などとの飲み会でもそれなりのお金がかかっていました。ただ、基本的にはお金がほとんど要らない生活だったので特に苦労することもなかったのですが、就職の説明会や面接が重なる時期になると、ほとんどバイトにいけない状態になってしまい、お金に困ってしまったのです。両親は就職せずに実家で暮らす自分をよく思っていなかったので、食費はなんとか工面して払いましたが、飲み会などは全て断りました。しかし、それでも説明会などに行く交通費などが足りなくなったのです。

 

 

親に貸してくれとはいえずにいたのですが、そんなときに消費者金融のホームページを見ました。今まで一度も借金などしたことがなかったのですが、目的が就職活動ですし、またバイトして返せばいいと思っていたので、すぐに手を出してしまいました。借り入れできる枠は30万円ありました。あまり多く借りても勿体ないと思い、とりあえずしばらくの生活費として5万円だけを借りました。毎月の返済額は5000円で「余裕」と思っていた自分がいたのも事実です。そして、5万円を手にした自分は気持ちが緩んだのか、直後にかかってきた飲み会に参加することを約束してしまいました。その後も「いざとなればまだ25万円借りられる」と、融資可能枠をまるで自分の預金残高であるかのように考えてしまい、お金を無駄に使うようになっていきました。交通費も電車で行けばいい場所なのに歩くのが面倒だからとタクシーに乗ったり、ワイシャツも高いものを買ったりと、今までの自分とは違う自分がいました。

 

このあたりで目が覚めていればその後の人生は変わっていたのでしょうが、お金が手元にあるという幸せを捨てることが嫌で現実から目をそむけていました。最初は5万円しか借りていなかったものの、何度も消費者金融のATMに通い、そのたびに数万円ずつおろしていました。借金額がそれなりの金額になっていることはわかったものの現実を知れば怖くなると思い、あえて残高は見ないようにしていました。そうして、融資可能額30万円は使いきってしまったのですが、もはやお金を使う楽しさを忘れることはできず、新たな借り入れ先を探すようになり、借金総額を知ることをわざと避けながら借金を繰り返し、最初の借り入れをしてから一年後には120万円にまで膨れていました。この総額を知ったのは、ついに借金の返済に行き詰ったからです。

 

毎月の返済額は5万円程度になっており、もはや自分のバイトでは返せなくなっていたのです。親には秘密でしたから、食費も払わなければなりません。手元にはほとんどお金がないのに返済の催促の電話がかかってくるようにもなりました。この時点できちんと返済と向き合えばよかったのですが、自分に甘い性格は直らず、返済を考えるどころか自分はまた新たな借り入れ先を探しました。適当に申し込みをおこなったところ、審査に通ったのはクレジットカードです。キャッシング枠が50万円もついてきました。この50万円を「借金が増えた」とは思わず、「使える額が増えた」と考えてしまい、消費者金融の返済にあてながら、またもお金を散財する生活を送るようになりました。しかし、すぐにキャッシング枠も使い切ってしまい、そのときの借金額は四社170万円にまで膨れていたのです。

 

 

催促の電話が鳴り続け、実家の固定電話にもかかってくるようになり、このままでは親に知られてしまうと思い、ネットで見つけた弁護士さんのもとへ出向き、任意整理をおこなうことにしました。毎月の返済額を4万円にしてもらい、3年間かけて返済していくことになり、催促の電話もなくなりました。しかし、まともに払えたのは最初の数カ月だけで、結局は就職活動のためにバイトに入れず、返済も滞ってしまったのです。任意整理をしたあとは利息を払わないことになっていたので、消費者金融の催促の電話は客扱いしてくれません。かなり厳しい言葉をぶつけられました。しかしながら、払えないものは払えず、かといって親にも言えず、弁護士さんとも話した結果、自己破産という道を選んだのです。弁護士さんからは親に相談できないのかと何度も言われたのですが、そればかりは最後までできず、この道を選びました。今では借金のない日々を送っていますが、自分が馬鹿であったことはわかっています。

 

親に食費を待ってくれと言えなかった自分、そして融資可能枠を自分の貯金のように思っていた自分。あの自分さえいなければ、二十代で自己破産をすることなどなかったと思っています。

 

借金体験:最初は5万円でした関連ページ

キャッシングを利用したい方へのアドバイス
お金を借りるときに気をつけたいことを紹介。キャッシングで失敗しないための情報満載。
融資枠いっぱいまで借りたら、返済が地獄でした。
お金を借りるときに気をつけたいことを紹介。キャッシングで失敗しないための情報満載。
大手企業なら一気に百万円も借りれる
お金を借りるときに気をつけたいことを紹介。キャッシングで失敗しないための情報満載。
消費者金融の無利息キャッシングをお得に活用
お金を借りるときに気をつけたいことを紹介。キャッシングで失敗しないための情報満載。
初めてキャッシングしたときの体験談
お金を借りるときに気をつけたいことを紹介。キャッシングで失敗しないための情報満載。
私がレイクでキャッシングした話。
お金を借りるときに気をつけたいことを紹介。キャッシングで失敗しないための情報満載。