月収30万円で250万円の借金を返済するプラン

月収が30万円ということになると、今の世の中で見れば恵まれているほうと言えます。しかしながら、30万円のうち返済にあてられる金額がどの程度あるのでしょうか。家賃や食費、光熱費や交際費など、必要最低限の支出を足していくとおよそ20万円ほどになり、手元に残るお金、つまりは返済にあてられる金額は10万円ほどになります。

 

しかし、この10万円を全て返済にあてるとすると危険です。先ほどの20万円はあくまでも必要最低限の支出であり、突発的に冠婚葬祭の費用などが発生した場合には返済に狂いが生じてしまいます。そのため、手元に残るお金が10万円あるのであれば、そのうちの5万円だけを支払いにあてていくのがベストな形です。

 

手元には5万円残りますので、それはそれで取っておきましょう。借金があると手元にあるお金を全て返済に回してしまいたいと考える人が多いのですが、それが危険なのです。万が一のときに新たな借金をしなくていいように手元にはお金を用意しておくことが大切なのです。そのため、少々疑問が生じるかもしれませんが、借金の返済に使わずに貯金するという行為をこのケースの場合には大切にしてください。

 

そして貯金がある程度まとまった金額になった場合、たとえば50万円や100万円という金額になったら、その半額を借金の追加返済にあててください。毎月の返済にプラスして支払うことになるため、元金が一気に減ります。元金が減れば毎月の利息も減っていきますので、その後の毎月の支払いの5万円のうち、元金にあてられる額が増えるのです。