よくわかる用語集「出資法」

出資法

出資法というのは、金融業者に対して「金利の上限」を設けている法律のことです。本来、お金の貸し借りは貸す側と借りる側の二者間での行為なので、金利(利息)はお互いが自由に決めてもいいのですが、一定の制限を法律で定めないと貸す側がとんでもない高金利を提示し、借りる側は借金に苦しむことになるため、この法律ができたのです。そして、出資法で定められた上限金利は29.2パーセントとされており、全てのお金の貸し借りにおいて29.2パーセントを超える金利(利息)をとることは認められていません。

 

これを超えると「罰則」があるため、金融業者はこの法律を守るわけです。そのため、闇金などの違法な金融業者を除けば、この範囲内の金利でお金を貸しています。しかし、日本にはもうひとつの金利に関する法律「利息制限法」というものがあり、こちらとのバランスがおかしいためにグレーゾーン金利や過払い金という問題が起きているわけです。詳しくはそれぞれのキーワードをご覧ください。

 

消費者金融

消費者金融というのは、もともとは「サラ金」と呼ばれていた金融業者のことです。かつては、サラリーマンを対象にお金を貸していたために「サラリーマン金融=サラ金」と呼ばれていたのですが、その後は自営業者や専業主婦、フリーターなどにも貸し出しをおこなうようになったことから名前が馴染まなくなり、消費者金融と呼ばれるようになりました。銀行でお金を借りるときのように担保や保証人が不要の上、住宅ローンなどではなく日々の生活費に必要なお金も貸してくれたため、気軽にお金を借りられる場所として今も多くの人に利用されています。

 

しかし、担保や保証人が不要の反面、銀行などと比べると金利が高いことでも有名です。今では過払い金の返金訴訟などに備えて金利を利息制限法の範囲内に収める業者も出ていますが、かつては30パーセント近い利息をとっており、多重債務者を増やした原因のひとつとも言われています。気軽に借りやすい場所である半面、利息は高いということを覚えておいてください。

 

信販会社

信販会社というのは「信用して販売する会社」の意味であり、俗にショッピングローンやクレジットカードなどを発行している会社のことを言い表しています。クレジットカードを使ったことがあればわかると思いますが、クレジットカードをお店で提示するとお金をその場で払う必要はありません。これは無料になったわけではなく、カードを発行している信販会社が個人に代わってお金を払ってくれているのです。信販会社は個人を信用して商品代金を代わりに支払ってくれたわけですが、ただのお人よしではなく「後日払ってもらう」という前提のもとに料金を立て替えてくれているわけです。

 

どのような個人を信用するかと言えば、それは信販会社によって異なるわけですが、一般的には「後日きちんと払ってくれる人」ということになります。そのために信販会社は事前に個人の情報をチェックし、きちんと支払う能力があるか否かを調べているのです。支払う能力がないと思われればカードを発行してもらうことはできませんが、能力があると思われればカードを発行してくれます。信販会社のローンやクレジットカードはとても簡単な支払い方法ですが、後日払うということを忘れてはいけません。

 

総量規制

総量規制というのは「個人が借りられるお金は、その人の収入の3分の1までとする」と定められたルールです。かつてはこのような規制はありませんでしたが、多重債務者が増え続けた事態を重く見た国がこのようなルールを策定したわけです。しかし、銀行からの借り入れに関してはこの規制の対象ではないため、消費者金融やクレジットのキャッシングなどの総額が収入の3分の1までとされています。

 

これに伴い、収入額を示す書類(給与明細や確定申告書など)を提示しないとクレジットカードを作成したり、消費者金融でお金を借りることができなくなりました。そのため、今まではご主人の収入があったおかげでなんとかお金を借りることができていた専業主婦の方などがお金を借りられなくなっているという事態も起きています。多重債務、債務超過を防ぐためのルールですが、その一方ではすでに自転車操業状態の債務者を一気にどん底へ突き落としているとも言われています。