よくわかる用語集「任意整理」

任意整理

任意整理というのは弁護士などの専門家に味方についてもらい、金融業者などと話し合いで返済方法を考えていく手続きのことです。裁判所などの公的な機関は関わらないため、あくまでも私的な話し合いの延長にあるものだと考えるべきです。ただし、個人がおなじように話し合いを持ち込んでも相手にしてもらえないため、やはり弁護士などの専門家に間に入ってもらうことが大切です。

 

話し合いによって以後の利息をカットしてもらったり、借金の返済期間を3年や5年に延ばしてもらうなどの結論を得て、その結論に従って借金を返済していくことになります。催促の電話が即座に止まりますし、以後の利息がかからない分、元金に集中して返済していけるため、多重債務を抱えて通常通りに返済をおこなっているのであれば、そしてその返済に苦しんでいるのであれば任意整理をお勧めします。任意整理は家族や会社に知られることもありませんし、仮に会社から借金がある場合でも、任意整理は「整理したい相手を選ぶこともできる」ため、会社の借金はそのまま返済をする一方で、それ以外の借金だけを弁護士に依頼するということもできます。保証人がついているような借金の場合も同様の選択が可能です。

 

年率

利息や利子、金利と言ってもその数字はどの期間借りていた場合の利息なのかが分からなければ意味がありません。たとえば1万円を借りて利息が1パーセントの場合、利息は「100円」になりますが、1年後に返しても10年後に返しても100円なのであれば10年後に返したほうがお得です。

 

しかし、そんなことはなく、利息には1日単位、1カ月単位、1年単位とそれぞれの期間での利息が決まっており、借りた期間によって利息も変わってきます。そのため、実際には「利息」などと表示せず「年率」という表示がされています。これは1年後借りていた場合の利息なので、年率が1パーセントであれば1万円に対する利息は1年後には100円、2年後には200円となります。現実には返済するまでの日数で計算され、日割り計算で利息ははじき出されています。また、利息を計算する元となる元金が変動することによって支払うべき利息額も変わってくるため、1年後に必ず100円という単純な計算ではありません。

 

弁護士

もはや説明は不要なのかもしれませんが、弁護士は司法試験を通っている法律のプロです。「着手金」と「成功報酬」と呼ばれる弁護士費用を支払うことによって借金問題を解決に導いてくれます。任意整理、過払い金返還請求、個人再生、特定調停、自己破産といった借金にまつわる全ての手続きをおこなってくれます。

 

また、司法書士も同様に法律のプロではありますが、司法書士は借金総額が140万円以下の案件のみにしか介入できないなど、弁護士に比べると活躍できる範囲に限りがありますので、基本的には弁護士に依頼するのがベターと言えます。しかし、費用は司法書士のほうが安くなることもありますので、それぞれの条件を見比べた上で最終的な判断をおこなってください。また、弁護士にはジャンルによって得意・不得意がありますので借金問題に強い弁護士を選ぶことも大切です。さらに言えば、弁護士費用に関してはきちんと説明をしてくれる弁護士さんを選ぶようにしましょう。

 

弁護士費用

借金問題における弁護士費用は大きくわけて二つあります。ひとつが「着手金」です。これは仕事の内容に関わらず、最初に払うべき費用で「手付金」のようなものです。もうひとつが「成功報酬」と呼ばれるもので、依頼した仕事が成功した時点で発生するものです。着手金は任意整理の場合、相手が一社であれば数万円ですが、「一社当たり三万円」などの形で金額を設定している弁護士が多いため、多重債務の場合には金融業者の数だけ着手金も増えてきます。

 

また、成功報酬は依頼する内容によって異なりますが、過払い金の返還請求の場合には返還された金額の数パーセントから十数パーセントという形で支払うことになります。着手金は本来、その名の通り、「着手するために必要なお金」なのですが、借金問題で悩んでいる人にとってはそのようなお金をねん出することも難しいため、最近はほとんどの弁護士が「費用の後払い」「費用の分割支払い」をおこなっており、初期費用という観点で見れば「0円」で済む弁護士がほとんどです。