よくわかる用語集「個人再生(民事再生)」

個人再生とは裁判所を介す手続きで借金を減額させるものです。自己破産は全額免除になりますが、個人再生は一部を免除し、残りは自分自身で支払っていくという手続きです。また、自己破産の場合にはマイホームなどの財産は手放す必要がありますが、個人再生の場合にはその必要がなく、マイホームだけはなんとか守りたいという人にとっては個人再生はお勧めです。

 

しかし、全額免除ではなく一部免除のため、毎月の定期的な収入があるなど、裁判所が「今後の返済は可能」と判断する条件がそろっている必要があります。そうは言っても、たとえば500万円の借金を持つ人の場合には借金は100万円に圧縮され、その100万円を個人再生をおこなってから3年間で返済していくため、かなり返済は楽になります。また、病気や失業などによって収入が途絶えた場合には、当初の予定を延長して返済していくことも可能ですので、そのメリットは大きいと言えます。何よりも裁判所を介する手続きなので金融業者の賛同を得られる確率が格段にあがります。