よくわかる用語集「個人信用情報機関」

単に「情報機関」や「信用機関」などと略されることもありますが、個人信用情報機関というのは借金をしたことのある人の個人情報を集めている機関です。機関と言っても公の組織ではなく民間の団体です。銀行の借り入れ状況だけを集めた機関や消費者金融の借り入れ状況だけを集めた機関など、金融機関のジャンルごとに機関が存在していますが、新たな借り入れをする場合にはそれら各機関に個人情報を問い合わせるため、たとえば消費者金融から借金があるときにそれを隠して銀行からお金を借りようと考えても気づかれてしまいます。

 

また、新たな借り入れや返済の遅延、債務整理など、借金状況に何か変化があった場合にはその都度、個人情報が更新されます。債務整理をおこなえばその事実は確実に載ることになり、その事実が消えるまでには5年から10年かかりますので、その間は新たな借金はできなくなります。また遅延情報に関してはそれぞれルールが異なりますが、おおよそ2カ月以上の返済の遅れがあると記載されることが多いようです。よく「1日返済が遅れただけでも個人情報が傷つく」などと言われることがありますが、そこまでは厳しくありません。また、「個人情報」とは言っても借金に関連することだけなので、個人の特徴などまでが載るわけではありません。これらの情報は本人も閲覧することが可能なので自分の情報を見たい場合には個人信用情報機関に問い合わせてください。