年金生活者が150万円の借金を返済するプラン

「年金生活者が150万円の借金を返済するプラン」

 

最近は年金受給者も借金が可能です。職業を持っている人はたとえ会社員であっても、いつどうなるか分からない世の中ですが、年金は国が責任をもって支払うものなので、ある日とつぜん支払いが止まるということはありません。そのため、今では会社員よりも年金受給者のほうが安定した収入があると見なされ、借金の審査に通りやすくなっているのです。そして本題ですが、年金受給者が150万円の借金を抱えている場合ですが、年金額はごく一般的な夫婦世帯の場合、月に23万円程度になりますので、そこから5万円程度の返済をおこなっていれば何の問題もありません。返済までおよそ7年かかりますが、順調な返済が可能と言えます。

 

しかし、それを下回るような金額しか払えない場合には返済プランを見直す必要があります。月額23万円というのは厚生年金なども含めた金額なので国民年金のみの支給などの場合には厳しいかもしれません。もしも国民年金だけの支給で150万円の借金を抱えてしまっているのであれば、返済が難しくなるのは時間の問題ですから、返済ではなく整理することを考えてください。年齢が年齢ですから、医療費という形である日とつぜんお金が必要になる可能性が高いので、そのような場合に備えて、やはり借金は一日も早くなくしておくことが大切と言えます。