ブラックリスト掲載後に借り入れする方法

金融機関からお金を借りると、その事実は個人の信用情報機関に登録されます。信用情報機関は銀行・消費者金融・クレジットカードなど、その業種ごとに存在しており、たとえばクレジットカードを作ったのであればクレジットカードの信用情報機関に、カードのショッピング枠の金額やキャッシング枠の金額が登録されることになります。

 

そして、その後の借り入れ状況や返済状況なども記載されていくわけですが、長期の延滞をおこなったり、短期の延滞を何度も繰り返したりするとその情報も記載されます。しかし、これらの延滞情報は軽微なものとして扱われ、その後、新たな借り入れをする際にも問題にならないことがほとんどです。問題にされて、新たな借り入れができなくなるのは任意整理や自己破産など、債務整理の手続きをおこなった場合です。債務整理をおこなった事実も信用情報機関に登録されるため、新たな借り入れをしようと思っても、申し込みをおこなった先の金融機関が信用情報機関から情報を取り寄せるため、新たな借り入れはできなくなってしまうのです。このような状態を「ブラックリストに載った」と表現されるわけですが、厳密に言えばブラックリストというわけではなく、単純に自分自身の信用情報に傷がついた状態というわけです。

 

しかしながら、このような状態になったからと言って永遠に借り入れができなくなるわけではありません。任意整理であれば5年程度、自己破産であれば10年程度で新たな借り入れが可能になります。これは金融機関が決めているわけではないのですが、信用情報機関は登録された情報を一定機関が経ったら末梢するようにしているため、5年後や10年後には任意整理や自己破産の事実は消えてしまうわけです。そのため、金融機関が個人情報機関から情報を取り寄せても何も記載されていない状態になっているため、新たな借り入れが可能になるというわけです。この期間内に借り入れをすることは難しいですが、一定期間が過ぎれば借り入れできるということはぜひとも覚えておいてください。