固定電話がなくても融資は受けられる

借金の借り入れできる条件のひとつとして「固定電話の有無」が語られることが多々あります。融資を断られた人がよく「やっぱり固定電話がなかったから駄目だったのかな」などと掲示板などに書き込んでいることが何よりの証です。しかし、固定電話がなくても融資を受けられることがほとんどであり、融資を受けられなかった理由はほかの部分にあったと考えるべきだと思います。銀行、キャッシュカード、消費者金融、信販会社など、各ジャンルの金融業者に携帯電話しか持っていなくても融資が通っている人は多々います。もちろん、特定の業者によっては固定電話がないと融資をおこなわないというところもありますが、圧倒的に少ないです。そのため、お金を借りたいがために固定電話を引くようなことは無駄なお金をかけるだけなのでやめておきましょう。住宅ローンを組む際にも同様のことが都市伝説のように囁かれていますが、これも特定の業者を除けば意味がありませんのでやめておくべきです。そもそも、今は携帯電話が当たり前ですから、固定電話のない人はたくさんいます。そして、固定電話の番号が変わることよりも携帯電話の番号が変わることのほうが日常生活への影響が大きいわけですから、固定電話の番号は簡単に変えてしまっても携帯電話の番号は易々とは変えない人がほとんどです。そのため、金融業者側としても返済の催促などをする際に携帯電話の番号を知っているほうがメリットが大きいわけです。そのような意味でも固定電話に執着する金融業者というのは年々減っているので、借りる側もそこに頭を悩ませる必要はないのではないでしょうか。