総量規制に引っ掛からず借り入れする方法

賃金業法が改正され、2010年に総量規制が全面的に施行されました。総量規制というのは「年収の3分の1までの額しかお金を借してはいけない」という賃金業者を規制する法律です。たとえば年収が300万円の人であれば、借り入れ可能な金額は100万円までで、それを超える額を貸し出せば賃金業者は違法となります。そのため、どんなにお金が困っている人であっても、既に3分の1を超える借り入れがある個人には一切お金を貸してくれなくなったのです。しかも、他社の借り入れ金額と合わせて計算するため、新規に申し込んだとしても調べられてしまうので借り入れができないわけです。多重債務者を増やさないために作られたルールなのですが、この総量規制のおかげで生活が余計に苦しくなったと話す人もたくさんいます。しかし、総量規制があるからと言って年収の3分の1以上の借金ができなくなったわけではありません。実は、総量規制に含まれる借り入れ額というのは、クレジットカードについているキャッシング枠の額や消費者金融などで借り入れている額であり、銀行のカードローンなどは含まれていないのです。そのため、たとえば年収300万円の人がクレジットなどで既に100万円の借り入れがあり、総量規制によって新たな借り入れができない場合であっても、銀行のカードローンを申し込んで新たな借り入れを受けるということは可能なのです。銀行として営業している金融機関であればどこでも同様ですから、もしも総量規制によって困っているのであれば銀行のカードローンを検討してみてください。利息も消費者金融やクレジットのキャッシングに比べて低いため、銀行のほうがお得にお金を借りうけることができるというメリットもあります。