プロミスの審査基準・条件を徹底解説≪プロミス審査≫

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の審査基準・条件を徹底解説≪プロミス審査≫

 

審査基準や条件としてSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)では何をクリアしていれば良いのでしょうか?

 

学生や主婦、年金受給者でも大丈夫なのか?いろいろと、利用される方の状況によって変わるのではないかと疑問に思っていますよね。

 

いくつかポイントを挙げて解説していきましょう。

 

 

〜SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の審査を受けるに当たって〜

 

まず、年齢の問題がありますね。これについては20才〜69才までですと学生でも問題はありませんね。

 

そして固定的な収入があるのでしたら主婦や学生もOKです。これには、給料明細などで証明が可能です。

 

次に、クレジットカードを利用している方では遅延や未払いなどの問題を持っていない状態であること、そして他のところからの借入金があるのでしたら申告をしておくことも求められますね。

 

最後に、総量規制というのをご存じでしょうか。これは理解しておかなくてはいけません。

 

総量規制とは、貸付残高が年収の3分の1以内に収まっている必要があると言うことです。

 

数字で具体的に言うと300万円の年収の場合、全くのローンなしで100万円まで借りられますし、50万円のローンを持っているのであれば、残り50万円の貸し付けが受けられると言うことです。これはあくまでも一例として考えて下さい。

 

この条件をクリアしておくことによって、絶対貸し付けが受けられる!と言うことではありませんが、可能性としては高くなりますよ。

 

 

〜条件的なことを確認してから〜

 

さて、審査については各条件をご紹介しましたが、実際には、必要な書類などがたくさんあって大変なのではないかと思ってしまうでしょう。

 

基本的には、安定した収入があるのであれば給与明細を持っていれば問題ないでしょう。

 

借入額が50万を超えるとか、他社との利用残高が100万円を超える方の場合には、給料明細などを必要としますので、該当する方は用意
することになります。

 

必要書類は、

 

運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、健康保険証またはパスポートをご用意ください)
※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。
※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

 

になります。