お金 借りる

親からお金を借りる方法

お金が足りなくて何とかしたい!こんなとき、あなたは誰からお金を借りますか?お金を借りる方法はたくさんあって、消費者金融、銀行、友達、など、時と場合によって使い分けたいもの。もし、親に相談しても恥ずかしくないお金の使い道なら、最初はあなたのご両親に相談するのが一番良い選択肢です。さすがに、パチンコをするお金が足りないからお金を貸してくださいなんて、いえないですよね。例えば、急に家族が入院してしまったので、入院代を少し貸してくださいとか、子供の教育費(修学旅行)のため少し協力してくれないかな?といった内容であれば、親も無下に断ることはないでしょう。

 

親からお金を借りるときのコツ

「お金を借りたい」という、あなたの欲求よりも、「お金が足りなくて困っている。助けが欲しい。」といった言葉のトーンでまずは相談してみることです。親も裕福な暮らしをしているわけでも、お金が余っているわけでもないでしょう。断られたからといって、「なんで貸してくれないんだ!人でなし!」なんて態度はご法度ですよ。

 

親には感謝の気持ちを伝えよう

親から借金できたとしても、できなかったとしても、親には感謝の気持ちを伝えましょう。家計が苦しい中、あなたをここまで育ててくれたんです。総務省の調査によると、一人親の場合は貧困率が一般家庭の3.8倍は高いみたいです。つまり、もしあなたの親が一人親だった場合、それは非常に苦労して生活してきたと思われます。お金を借りるという我侭を伝えるだけではなく、ありがとうの気持ちも伝えましょう。

 

借用書を書くかどうか、親の気持ちに従おう

普通はお金を借りたら、借りた金額、利息、返却予定日、氏名、などを書いた借用書をお互いに保管します。でも、親によっては「借用書」といった他人行儀てきな書類は嫌がる人も多いものです。借用書を交わすと、なんか急に赤の他人になったような気がしてしまうからです。ですから、借用書については、正式なものを書いたほうが良いのか、それとも口約束、出社払いのような形でよいのか、よく親と相談してから決めましょう。